七五三のマナー

知っているようで知らない!?七五三のお作法やマナーをおさらい!

みなさんは、七五三といえば千歳飴をもらう、男子は5歳、女子は3歳と7歳行うもの…というなんとなくのイメージをお持ちの方も多いかと思います。

 

しかし、七五三の意味やお作法やマナーをしっかりと覚えていらっしゃる方は案外、少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、七五三の意味やお作法やマナーをわかりやすくご紹介します。

 

思わず「へぇ~」となるような豆知識もご用意しておりますので、七五三の予習もかねて楽しんでいただければ幸いです。

 

七五三のお参りをする意味や由来とは?

まず七五三そのものの意味や由来についてご紹介しましょう。

わかりやすく噛み砕いてお子さんに教えてあげるのも、いいお勉強になるかもしれませんね。

 

ちなみに七五三を行う年齢に関してですが、関東地方では「男の子は5歳」、女の子は「3歳と7歳」に行うのが一般的かと思いますが、関西地方をはじめとする西日本では男の子も3歳と5歳、二回にわたって七五三を行うのが通例だそうです。

 

七五三は子どもの成長の感謝と祈願の儀式

昔は生活環境や医療技術が発展しておらず、生まれた子どもが命を落とすことは珍しいことではありませんでした。

 

今では信じられませんが、昔の時代は子どもが3歳まで生き延びることさえ難しかったのです。

さらに5歳、7歳まで生き延びる子どもはほんの一握り。

 

そのため、昔の人は3歳、5歳、7歳になると氏神様の元へ出向き、自分の子どもが無事にここまで成長できたことに感謝のご報告をし、今後の健やかなる成長のお祈りをしました。

これがもっとも古い、七五三の始まりと言われています。

 

七五三はなぜ11月15日?

七五三は正式には11月15日と。

でも、なぜ11月15日と日にちまで決められているのでしょうか?

 

その由来は、徳川将軍家が11月15日に「袴着の日」を行ったことに由来する説や、
1/1/1/5の数字を全て足すと8になり、8は「末広がり」「弥栄(大いなる発展)」を意味する説、15日は旧暦では満月の日の説など、さまざまな説があるようです。

 

どの意味をとっても縁起がいいので、長い月日を経て、自然に11月15日に落ち着いたのかもしれませんね。

 

「七・五・三」の意味は?

七五三それぞれの数字にも意味があり、それぞれにお祝いの名前がついています。

・3歳のお祝い「髪置の義」

昔の子どもは3歳まで髪を伸ばす習慣がありませんでした。

3歳になり「髪置の義(かみおきのぎ)」を行い、初めて髪を伸ばし始めたそうです。

そういえば、昔の浮世絵に登場する小さい子供は、みんな髪を剃っていますね。

 

・5歳のお祝い「袴着の義」

昔の男の子は5歳になるまで袴をつける習慣はなく、「袴着の義(はかまぎのぎ)」を行って初めて袴をつけたそうです。

5歳の七五三は男の子だけなのは、こういう理由からだったとは…納得です!

 

・7歳のお祝い「帯解の着」

小さい子供は付紐で着物を来ますが、7歳になると「帯解の義(おびとぎのぎ)」を行い、初めて帯を使って着物を切るようになります。

 

女の子は着物を切るのに帯をたくさん使うことから、こういった儀式が生まれたのかもしれませんね。

 

2.七五三の「お作法」や「マナー」をおさらい

七五三のお作法やマナーをおさらいしておきましょう。

お参りは11月15日でないといけない?

 

正式には11月15日とされていますが、必ずしもその日でなければいけないことはありません。

11月15日前後の土日を選ばれる方や、混雑を回避して落ち着いた12月初旬頃にお参りをされる方も多いです。

 

七五三はどんな服装で行くの?

 

・子どもの服装

最近では洋装での参拝の方も増えてきていますが、まだまだ和装の方が多いです。

年齢によって異なる衣装を身に着ける必要があるため、正式な衣装を一式揃えるのはとても大変です。貸衣装屋さんでお子さんの年齢に合った衣装を見立ててもらうとよいでしょう。

 

・両親の衣装

基本的には正装です。お父さんはスーツ。お母さんはフォーマルなワンピースやスーツ、和装であれば留袖や訪問着を着用します。

 

・祖父母の衣装

基本的にはお子さんの両親の衣装に合わせます。

 

記念撮影をすることも考慮して、両親の衣装とのバランスを考えたコーディネートを心掛けましょう。

 

七五三の御祈祷について

お宮参り等と同じく、七五三時にも神社の神主さんに、お子さんの今後の健やかな成長を神様にお願いするための「御祈祷(ごきとう)」を行ってもらいます。

 

御祈祷は予約が必須な神社もありますので、必ず事前に確認するようにしましょう。

 

御祈祷をお願いするには、神様への感謝の気持ちとして、玉串料(たまくしりょう)や初穂料(はつほりょう)をお納めします。

七五三だと5000円~が相場とされていますが、神社によっては3000円や4000円といったところもあるようです。

 

とはいえ、こういったことは形式的な金額よりも「感謝の気持ち」が大切。そこまで難しく考える必要もないため安心してくださいね。

 

千歳飴はどこで用意するの?

七五三といえば、子ども達は「長く伸びる=長寿」との由来で縁起物とされている千歳飴をいただく習わしがあります。

 

通常であれば、神社で七五三の御祈祷を行う際に、御祈祷を受けた千歳飴をいただけます。

 

御祈祷の予約をしていれば用意されているはずなので、自身で購入する必要はありません。まれに頂けない神社もあるそうなので、心配な方は事前に神社へ確認しておきましょう。

 

神社でのマナーにも注意を

神社を参拝する際にも、所作や参拝方法など気をつけなければいけないマナーがありますので事前に確認しておきましょう。

 

神社のマナーに関しては「お宮参りに向けて予習しよう。お宮参りのお作法やマナーとは?」でも詳しくご説明していますので、ご参考にしていただければと思います。

 

七五三の記念撮影には出張撮影がおすすめ!

七五三は3歳、5歳、7歳とお子さまの成長を実感できる貴重な機会でもあります。

と同時に、お子さまの成長を「記念にのこす」機会でもあります。

 

そんな時に頼りにしていただきたいのが、プロのカメラマンによる出張撮影です。

 

フォトッテでは、数々のコンテストで受賞歴のあるカメラマンが、お子さまにとって大切な節目の瞬間を切り取り、大切にのこすお手伝いをさせていただきます。

お客様がご利用しやすいよう、さまざまなプランをご用意しております。

 

お子さまへの『未来の贈り物』をのこすお手伝いをさせてただけませんか?

東京都内、千葉の七五三の出張撮影の際は、ぜひフォトッテをご利用ください。

 

>写真/カメラ/旅/ライフスタイル&出張撮影「FOTOTTE」

写真/カメラ/旅/ライフスタイル&出張撮影「FOTOTTE」

カメラ・スマホ、観光や地域別紹介を中心に様々な情報を発信していきます。