英語の発音練習

英語の【発音】上達へのカギとは?オススメの練習方法

 

世界共通語である英語。

日本人も小さいころから学んできた親しみのある言語ではありますが、しかし日本人にとって「英語」とは上達することが難しいまるで『未開の地』に足を踏み入れるような存在といっても過言ではないように思います。

また単語や文法だけでなく、もう一つの大きな課題でもあるのが、

 
発音

 

です。
小さいころから必死に単語や文法を勉強しても、いざ外国人と勇気を出して話そうとしても、ほとんど通じない…というパターンも多いと思います。

 

 
フォタロー
実際、僕の周りの友人や親戚にしても、やっぱり単語や文法をある程度知っていても、
外国人とのトークは「自身がない(難しい)」という人がほとんどです。
 
ひので
「ちょっと何言ってるか分からない」
 
フォタロー
….それお笑いの! ただ言いたいだけでしょ

しかし、実際に母国語を使う外国人からしても、まさに
「ちょっと何言ってるか分からない」となり
困りはててしまうといったことも多いように感じます。
 
ひので
私もある程度勉強したつもりだけど、じっさいに外国の人と英語で話そうとしても、なんか恥ずかしいし、
お話できたとしても伝えたい内容を理解してもらうにも、きっと時間がかかると思う。
 
フォタロー
やはり実際に外国で暮らしたり、ふだんから発音の練習をしておかないと、かなりハードル上がるよね

 

どれだけ多くの単語や文法の知識を頭にインプットしていたとしても、発音がうまく回らないと、外国の方たちは理解してくれません。

 

そこで今回は「英語の発音を上達させるための練習方法とは?」というテーマでお話をさせていただきます!

 

日本人は『英語』=苦手意識が高め

一つ考えられるのが日本語には英語で表現されている言葉の「サウンド(音)」が不足しているためだと思います。

 

日本語と英語とでは、舌の回し方や唇の使い方も大きく異なり、日本人にとって英語の発し方とは、まるで「未知の世界」のように感じてしまうからではないかと考えています。

 

そういった先の見えない世界を、一つずつ手探りで正しい発音を発見していくのは至難の業のように捉えてしまいがちなのです。

 

 
ひので
そういえば、外国の人でも、伝えたい内容をすぐ理解してくれる人と、ぜんぜん伝わらない人とで極端に分かれることがあるんだな~って思ったことある。

なぜだろうね?
頭の回る人は、クイズを解くように答えを導き出しているのかも(笑)
 
フォタロー
う~ん…その可能性もあるかもね
たしかに僕も通じる人とまったく通じない人とで分かれるなって感じたことあるよ。

あと話変わるけど、日本でも人気のロック界の神
「BON JOVI(ボン・ジョヴィ)」さま~‼にしても、アメリカで「ボン・ジョヴィ」と言っても一切伝わらないし、連呼したら笑われる可能性大だと思う。
 
ひので
ふ~ん
じゃアメリカではなんて言うの?
 
フォタロー
イン・アメリカでは、「バァン・ジョーヴィ」

….ただ正直なところ自分でも細かな違いが「何言ってるか分からない」感じなので、僕自身も完全には理解していません。
あしからずご了承ください。

でも一度だけ「バァン・ジョーヴィ」で伝わったことあるんだよね(笑)
とにかく、「ボン」ではなく「バァンやボォン、ボァン、BANG BANG BANG♪」に近いのは間違いないです。
 
ひので
最後のはそれなんかの歌だよねー あと顔やばいことになってるよ。
でもなんとなく分かる。

私も「ウォーター」が伝わらなかったから
なんか「ウォーラー、ウォーラァー」みたいなニュアンスだった。
「ター」と、強めに言ったらダメみたいね

 

日本人にとって英語で話すと言うのは、難易度が非常に高めということもあり、いくら知識が豊富でも発音を正しく発することができなければ、外国人は理解してくれません。

 

 
ひので
それじゃあ、どうしたら「発音」をマスターすることができるんだろう?

 

日本語に慣れた日本人にとって、英語の発音というのは、例えると年齢によって『聞こえる・聞こえない』のチェックができる「モスキート音」みたいなものがあるためです。(あくまで例としてお考え下さい)

 

 
ひので
似たのだと「絶対音感」みたいな感じかな?

 

発音を学ぶ際、外国人の先生は必ず「舌を上に持っていったり、丸めたり、歯に触れるように」と教えてくれますが、日本人にはそこが「ちょっと何言ってるか分からない」みたいに感じてしまいます。

 

 
ひので
そうそう、私もよく先生の口元を参考にして「say it(言って)」と教えられてたけど、その時はなるほどOK♪って感じでも、
またすぐ忘れちゃうから、結局ほとんど身に付いてないかも
 
フォタロー
たしかに僕も一緒かも。

教科書とかでもさっきの「ウォーター」と一緒で日本語では「ター」になっているから、ついつい「ウォーター、プリーズ」と日本語の読みで話してしまう傾向あるしね。
「ター」じゃ、ほぼ通じないのにね
 
ひので
ウォーラァー、ウォーァーぁぁ….もういいや
今でも「まぼろし~」だし

また日本語で表現するのは、ちょっと無理あるかも
 
フォタロー
外国人から「正しい発音」を聞いても、言いたくてもなかなか言えないものもあるよね。

カラオケで上手く歌いたいけど、歌えないみたいな

日本語のカタカナでも表現することが難しいから、まるで先の見えないトンネルに入った気分になって、「もういいや」っていう気持ちが強く出るように思う
 

英語の発音を上達させる方法とは?

 

やはり繰り返し練習あるのみ
 
ひので
何ソレ?超~ありきたりじゃん
 
フォタロー
…..うぅ結局は練習あるのみなんだけれども、ただ一番良いのは、発音メソッド本を何冊か読破してみることです。

今、英語ペラペラの人も発音本や発音CDを聞いたりしながら、マスターしている人も多いです。
 
ひので
たしかに本読むと日本人が苦手とする発音の単語もわかるし、これから発音をマスターしたい人には必須かも!

口に出して舌を鍛える

カラオケで歌の練習をするのと一緒で、英語も実際に発音してみることが大切です。


最初は、舌の動きも一緒に意識しながら発してみてください。

 

ボイストレーニングと一緒で「発音」も同様に聞くだけでは何も身に付くことはできません。

 

 
ひので
やっぱり、スポーツと一緒で実際にトレーニングが必要だよね。

発音練習で舌や口の動きをスムーズにしていくしかないんだろうね
 
フォタロー
「英語筋」とも言われてるよ。トレーニングで発音を滑らかに~
 
ひので
あなたはけっこう滑舌悪いから、日本語筋のトレーニングが先に必要ね! 
 
フォタロー
….うん、悔しいけどトレーニングだね
 

練習方法

 

日本人にとって発音は最難関の一つ

 

レベルの高い「英検二級から一級」までを取得したとしても、実際に外国の人と話すのは躊躇してしまいがちという人は多いです。

 

 
ひので
友達は「英検2級」持ってるけど、やっぱり実際に話すとなると、恥ずかしいやらなんやらで、自身はないと言ってたよ
 
フォタロー
知識と行動は違うのと一緒かもね

例えば、野球が好きで知識は豊富にあったとしても、
実際にプレイするとなると、上手に活かすことができないのと同じみたいな

 

■正しい発音を習得するためのおすすめな方法

 

英語の「映画や音楽、動画配信」などを見ながら、とことん英語の

 

ネイティブ(天然もの)会話

 

を役者や歌手の気分になって真似てみることです。

 

 
フォタロー
そういえば、僕も昔WWEのハルク・ホーガンの決め台詞「Whatcha Gonna Do Brother!」って、
顔真っ赤にしながら声を大にして真似してたな~
日本語だと「よう兄弟!どうするべ」みたいな意味かな
 
ひので
やめてよ…はしたない
今でもやりそうだから怖いわ
 
フォタロー
あとBON JOVIやSAVAGE GARDENなどもカラオケで歌っていたから、けっこう英語での発音の違いを理解することができたと思う
 
ひので
英語もちゃらんぽらんで、へったくそな歌だったけどね(笑)

 

英語はやはり実際に声に出してトレーニングをしていかないと上達しません。

 

■イヤホンで映画鑑賞

 

私が一番おすすめしたい練習法は、イヤホンをしながら映画観賞する方法です。


リモコン片手に気になったシーンがあれば戻して、また再生を繰り返しながら、俳優さんの口の動きも確認して「正しいトークの形や流れ」を体に覚えさせていくといった感じです。

 

「字幕」を見ながら言葉の意味も一緒に理解できるため、学ぶスピードもアップします。

また「何を言ってるのか分からない」ような英語や発音にしても「字幕」の言葉から推測していき、ネットや電子辞書を活用して調べていくことを繰り返し行っていくと、たくさんの「正しいトークの形と流れ」が身に付きやすくなります。

 

ただ、アメリカは他民族国家ですので、俳優さんの出身もチェックして練習をしていかないと、ちょっとクセのあるアクセントまで身に付いてしまうケースも考えられます。

 

 
ひので
そっかぁ、日本だと秋田弁や大阪弁のような感じなんやろうな~
かなわんわん♪
 
フォタロー
なんか、かわいいんだけど
でも表現としては、そんなところだよね
アメリカとイギリスの発音の違いと一緒かな
 
ひので
変わったクセがつかないように気をつけなきゃね!

 

また、もう一つのおすすめ練習法は「ミュージック」です。


こちらもどちらかと言えば、イヤホンをしながら練習していくほうが、しっかりと声が聞こえるためスピーカーよりも良いと思います。

 

ただし曲によっては「何を言ってるのか分からない」、「どんだけ~」なものも結構多いなと感じています。


同じみの「J-POP」にしても日本語ではあるのだけれども、途中「※〇×▽▲….」と一瞬、意味不明な言葉に聞こえると言ったことがあるかと思います。

 

それと同じで音楽の場合は「ちょっと何言ってるか分からない」「まぼろし~」という度合いが高めに感じるときがありますので少し注意が必要です。


しかし、そうは言っても音楽による練習方法はかなり効果的です。


音楽の場合は、リモコンだけでなく「歌詞カード」も手元に置きながら練習をしていくのがオススメです。

 

このような練習を繰り返していけば、いつの間にか外国人にも通じる「正しい発音」が蓄積されていきます。

 

 
ひので
自分の好きな曲を選べるところがいいよね♪
そういえば、「Amazonプライム」で聞ける音楽は、
歌詞も一緒に流れるので良い勉強法にもなりますよ!
 
フォタロー
あとは毎日練習することが肝心です。

アメリカ帰りの友人も数カ月間、日本に滞在したただけで、なんか会話が不安定になると言ってました。

もう一人の知り合いは、日本に帰ってから数年後には英語はほとんど「まぼろし~」と化しました。
 
 
ひので
やっぱり、ちょっと「英語圏」から離れるだけで、だんだんと忘れていっちゃうものなのかもね
 
フォタロー
そうだと思う

アメリカ育ち(生まれ)の場合は、当然身に付いているから問題ないだろうけど、高校や大学生のあたりから本格的に
英語の勉強をスタートした人などは、少しでも英語から離れてしまうと、少しずつ忘れてしまうのだろうなと思う
 

おわりに

 
身に付いた発音も使わなければ忘れてしまう

 

毎日、10~15分でも良いので、英語の曲や動画配信などを見ながら、英語に触れていくことが大切です。

 

「英語は忘れていくもの」
 
ひので
英語もやっぱり毎日の積み重ねが必要なんだね
 
フォタロー
継続が大切です!
>写真/カメラ/旅/ライフスタイル&出張撮影「FOTOTTE」

写真/カメラ/旅/ライフスタイル&出張撮影「FOTOTTE」

カメラ・スマホ、観光や地域別紹介を中心に様々な情報を発信していきます。